Bookmark

andante41.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 29日

去年の冬、きみと別れ ・・・ 中村文則






a0147978_1231952.jpg

本の題名「去年の冬、きみと別れ・・・」
その続きが文中に出てくるんだけど、
ゾクリとした。

最後のイニシャルは結局誰だか分らなかった。
布団に入ってからもイニシャルのせいで眠れない。
J・I・・・石田純一が真っ先に頭に浮かんだのは
私だけかな(笑)
なんだか歯痒いけれど、おもしろかった!
[PR]

# by andante41 | 2013-10-29 23:29 |
2013年 10月 16日

ヘヴン ・・・ 川上未映子





a0147978_12432130.png
秋祭りが終わり 今日から学校。
きゅっと寒くなったので
ポロシャツの長袖を出したら
首回りがきつい様子。
半袖に冬の制服を羽織って登校。
その冬服もどう見てもつんつるてん^^;

学校へ送り出した後、じっくり読んだ。
昼ごはんも食べずに。
[PR]

# by andante41 | 2013-10-16 23:33 |
2013年 10月 12日

惑いの森 ・・・ 中村文則





a0147978_22233063.jpg
涼しい風が吹くので
外で本が読みたい。
午後から娘と図書館へ。
車の窓から手を出して
「風と握手~」などと不思議ちゃんなことを
言い出すので、思わず助手席の娘を二度見した。

「惑いの森」はおもしろかった!
秋晴れの下読むよりも
チビチビと残りのワインでも飲みながら
夜 がいい。
[PR]

# by andante41 | 2013-10-12 22:22 |
2013年 10月 03日

しろいろの街の、その骨の体温の ・・・ 村田沙耶香





a0147978_23553157.jpg
こんなにも息苦しいとは思わなかった。

開発が進むはずだったのに
途中で頓挫してしまったニュータウン。
スクールカーストで抑圧された教室。
そこで思春期を過ごす主人公の息苦しさが
切々と伝わってきて
その息苦しさから、解放されたくて
一気に読み終えた。
[PR]

# by andante41 | 2013-10-03 23:30 |
2013年 10月 02日

政と源 ・・・ 三浦しをん




a0147978_13442595.jpg
(ぷっ^^と、噴き出した部分に付箋を貼ってみました。
もっと貼り付けてたんだけど、最終2か所に絞る・・・)

元銀行員の政国と
簪職人の源二郎は幼馴染。
この二人の爺さんが面白い。
東京下町が舞台で、人情味あふれた物語。

More
[PR]

# by andante41 | 2013-10-02 14:09 |
2013年 09月 25日





a0147978_10373092.jpg
「掏摸」
読んでいる間、思い浮かべる情景は
ずっとグレー。
主人公は天才スリ師。
そのスリ師の人生を操る闇の人物がいて、
そいつの正体が知りたくて知りたくて…。
最後に投げたコインでスリ師の運命が決まるのだが、
そこで終わり。
なので、続けて「王国」を借りた。
猥雑な都会の闇で生きていく女。
それを高いところからじっと見ている月。
この本も月灯りほどの明るさしか感じない・・・
[PR]

# by andante41 | 2013-09-25 21:35 |
2013年 09月 18日

9月18日(水)





a0147978_024301.jpg
私にとって駅や電車は非日常の場。
都会の「駅」の日常なんて知る由もない。
だからこそ、食い入るように読めたのかな。

ちょくちょく「駅」で起こる
何かしらのトラブルがニュースで流れる。
台風で電車がストップとか
悲しい人身事故とか
ニュースにならない程度のトラブルも
数えきれないだろう。

この本を読んで
遠い都会の「駅」で奔走する駅員さんへ
想いをめぐらすようになった。
[PR]

# by andante41 | 2013-09-18 23:23 |
2013年 09月 11日

9月11日(水)





a0147978_237302.png

今日、ネットがつながりました。
ぽつぽつ日記も書いて行こうと思います。

パソコンが使えない間読んだ本。
「さよなら渓谷」
映画はどんなキャストなのかな・・・
と想像しながら。

映画化されてるということが頭にあるせいか
勝手に情景が浮かんできて、
すらすらと読めた一冊。
[PR]

# by andante41 | 2013-09-11 23:45 |
2013年 08月 18日

8月18日(日)




a0147978_11545134.jpg

昼前に娘を迎えに行って、
お昼はモスのテイクアウト。
旦那さんは最近ゴルフと飲み会続きなので
さすがに今日はゆっくりしたいらしい。

午後から昼寝、読書の繰り返し。
旦那さんが観ているゴルフ中継をぼんやり聞いていると
100%睡魔に襲われるのだ。

読み始めたのは直木賞受賞作品。
[PR]

# by andante41 | 2013-08-18 23:30 |
2013年 07月 29日

永遠の0




a0147978_1511736.jpg
先日、「風立ちぬ」を観た。
零戦の設計者のお話。
ユーミンの主題歌はこの映画のために作られたのか
と思うほど、しっくりくる。

「永遠の0」
映画を観た後、再読したくなって購入。
こちらは零戦に乗って戦う者の話。
零戦の性能についても詳しく綴られている。
「8時間も飛べる飛行機は素晴らしいものだと思う。
しかしそこにはそれを操る搭乗員のことが考えられていない・・・」
「驚異的な航続力ゆえに、どれほど無謀な作戦が取られたことか・・・」

せつないんだな~。
[PR]

# by andante41 | 2013-07-29 23:08 |
2013年 06月 03日

洋食屋から歩いて5分 ・・・ 片岡義男





a0147978_1416231.jpg


図書館で見つけてついつい手に取った
片岡義男の本。
片岡義男の本といえば、ずーっと昔、
バイクが好きな従兄弟の部屋に何冊かあって
読んだことがあった。
それから「バイクの免許が欲しい」、という願望が
常に頭の片隅に宿っていたのだけれど、
原付で満足してしまった^^;

20歳の頃、彼氏のバイク免許取り消し。
後ろに乗っけてもらって、あちこち遊びに行けなくなった。
仕方ないんだけど、どこ行くのも歩くように。
コンビニ、スーパー、バスに乗ったら映画館も行けた。
動物園。
野球観戦。
カラオケ。
ビリヤード。
行動範囲がアパートから数キロに限定される。
けど、歩くのが楽しかった。

コンビニの帰りにあまりにも雨脚が強くなったので、
雨宿りに喫茶店に入った。
ツタがお店の壁をほぼ覆っているような感じの、
ドアを開けると、カランカラン♪と予想外の大きな音がして、
こちらがびっくりするような・・・昔ながらの喫茶店。
名前は覚えてない。

その時何を話したかなんて覚えてないけど、
ひとつだけ覚えてる、っていうか、
その時覚えたこと。
紅茶のレモンは早く取り出さないと
とても苦くなる。
ということ。
私もコーラにすればよかったと思ったこと。
その頃の私たちといえば、
国道沿いにある、ケンタッキーかモスバーガーしか
行かなかったもんな。


この本をパラパラとめくっていると、
そんな昔のことを思い出すのでした。
[PR]

# by andante41 | 2013-06-03 23:14 |
2013年 05月 19日

明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち ・・・ 山田詠美





a0147978_1214540.jpg

家族をつなぎとめる「ネジ」のような存在の長男が亡くなった。
母親はアルコールに堕ちる。
家族のバランスは崩れかけるのだけれども、
どうにかして家族を再生させようとする子供たち。
これって、やっぱり母親を愛しているということだよな。
(血縁はそれぞれ違うけど)
ラストはちょっとホンワカとした気持ちにさせられました。
[PR]

# by andante41 | 2013-05-19 23:10 |
2013年 04月 17日

はだかんぼうたち ・・・ 江國香織



a0147978_15372425.png
はだかんぼう・・・心に何もまとわない
そんな人たちのお話。

夕方自宅に帰ってきて・・・
「うす暗かったが電気はつけずにおく
もうすこし夜を先のばしにしたかった」

江國さんの、こんな表現が好き。
[PR]

# by andante41 | 2013-04-17 22:42 |
2013年 03月 27日

ガリレオ8禁断の魔術 ・・・ 東野圭吾




a0147978_195929.png
朝から雨で、友達と自転車でマクドナルドへ行く
という計画はお流れ。
午後から遊びに来てくれて、
2階の娘の部屋からは、にぎやかな音が聞こえる。

考えてもしょうがないことを
ウジウジ考えてしまってる今日この頃。
本があれば手っ取り早く現実逃避できる。
どっぶりガリレオシリーズに浸った雨の午後。
[PR]

# by andante41 | 2013-03-27 20:08 |
2013年 03月 27日

藝人春秋 ・・・ 水道橋博士




a0147978_2014161.png

たしかにどこまで読んでも
ティラミスの濃厚さが続きましたよ~^^
水道橋博士の文章、濃厚すぎです。
稲川さんのエピソードが一番グッときました。

娘が表紙を見て、「怖っ!」と引いていたので
ちょっと引いて撮りました。
[PR]

# by andante41 | 2013-03-27 20:08 |
2013年 03月 27日

残り全部バケーション ・・・ 伊坂幸太郎




a0147978_19471296.png
最後はどうなるんだー!!

と、ハラハラしながらラストを迎え、

あーこうくるか・・・という感じの終わり方。

ニヤリとさせられた。
[PR]

# by andante41 | 2013-03-27 19:42 |
2013年 03月 18日

沈黙の町で ・・・ 奥田英朗




a0147978_0415231.jpg

明け方から風が強い。
窓の外を、新聞紙やレジ袋がひゅんひゅん飛んで行くのを
目の端で確認する。
うちの換気口はパタパタとうるさい。
なんて、気にしつつも、
この本にどっぷりつかってしまった。
朝から晩まで。
途中でやめられなくなる奥田英朗。
[PR]

# by andante41 | 2013-03-18 23:40 |
2013年 03月 15日

よなかの散歩 ・・・ 角田光代 




a0147978_23461188.png
私の青春期に携帯電話は存在しなかった。
ゆえに、彼氏の電話番号は自然に暗記。
留守電の声が聞きたいだけで電話したこともあったっけ。
4年間かけ続けた番号を思い出そうとしても
20年も経つと、やっぱり出てこなかった。
でも、プッシュホンを目の前にして
指を置いて行くと、
なんと!!すらすら押せるじゃないですか!!
指が覚えてるってこのことですね!角田さん。
年齢が近い著者のエッセイは楽しい。

思い出せたことがうれしくて旦那さんに報告。
でも、当の本人は覚えてるはずもなかった。
[PR]

# by andante41 | 2013-03-15 23:44 |
2013年 03月 13日

3月13日(水)




a0147978_13594490.jpg
娘の下校時間には雨が本格的になった。
習い事へ送る時間には、ワイパー全開。
黄砂で汚れてるから、ちょうどいいなんて
思ったりして。
雨の音がすごいので、
CDのボリュウムをちょっと上げて聴いていると
後部座席の娘に、
雨の音聞きたいきん、音楽止めてと言われた。

なるほど、
信号待ちで止まってると、電線の雨粒が
ボタッ、ボタボタッっと落ちてきて、
トトロの傘の下にいる気分になった。

今日はガリレオシリーズをたっぷり堪能中。
[PR]

# by andante41 | 2013-03-13 22:58 |
2013年 03月 01日

ちょうちんそで ・・・ 江國香織





a0147978_15364116.jpg

予約してた本は、きれいな装丁だった。
上の方に金色の実がたくさん(実じゃないかも)。

こんな本は、表紙・裏表紙をちゃんと掌で包みこんで
頁をめくりたい。
だいたい私は左手片手で本を支えて
右手はお菓子をつまむかカップを持つか・・・
なのだ。

今日は風が強くて、
午後には雨になった。
夕べの月はぼやけてたもんな・・・
[PR]

# by andante41 | 2013-03-01 15:52 |
2013年 02月 12日

世界から猫が消えたなら ・・・ 川村元気





a0147978_129325.jpg

毎朝、目が覚めるたび
自分の直面している不幸が
夢であってくれ!!・・・と、
白い天井を見つめながら願った。
あたりまえがあたりまえでなくなる日は、
突然やってくる。

なんでもない静かな日常のありがたいことよ。
今、かみしめて生きよう。
そんなことを思い出した一冊。
[PR]

# by andante41 | 2013-02-12 20:05 |
2013年 02月 04日

犬とハモニカ ・・・ 江國香織


a0147978_14153826.jpg

週末、公園に行く時鞄に入れていたのだけど、
晴れの公園で読むより、
今日みたいな薄暗い部屋で読むのが
しっくりくると思った。
[PR]

# by andante41 | 2013-02-04 23:37 |
2013年 01月 29日

家事のニホヘト ・・・ 伊藤まさこ




a0147978_20161399.jpg
他人様の家事のルールを覗かせてもらうことも
良い刺激になる。
これはいいな・・・と思った事柄だけ記録。
そして返却。

今年のダイアリーは
旦那さんが会社からもらってきたやつ。
毎日何かしら書くわけではないので、
私にはこのくらいが丁度いい。
[PR]

# by andante41 | 2013-01-29 23:14 |
2013年 01月 26日

噂の女 ・・・ 奥田英朗



a0147978_126655.jpg
女であることを武器にして生きていく美幸。
武器というより凶器かな。
彼女の視点から語られるのではなく、
まわりの人間の噂で綴られる。

噂は方言を用いて語られ、
閉塞的な地方都市の「しがらみ」というものを
浮き彫りにしつつ、欲に溺れるダメダメ男ばかり登場。
奥田さんらしい一冊だな~
[PR]

# by andante41 | 2013-01-26 12:57 |
2012年 12月 07日

まひるの散歩 ・・・ 角田光代



a0147978_1612752.jpg

角田さんのエッセイ。
食についてがほとんどだけど、
とってもおもしろい!!
そうそう、私も一緒。
と頷ける部分が多々あり、
声を出して夜中に笑ってしまったりした。

去年の今頃書いたお買い物メモが、
寒い寒いと引っ張り出してきたジャンパーの
ポケットに入ってた(私の場合)。
なんてところが似てた^^;
[PR]

# by andante41 | 2012-12-07 21:00 |
2012年 11月 25日

楽園のカンヴァス ・・・ 原田マハ



a0147978_15254026.jpg
天気がいいので、洗濯と掃除がはかどる。
午後からホームセンターへ。
みんなでイルミネーションを物色。

今日読み終えた本。

読み終えた後、美術館へ行きたくなった。
アンリ・ルソーという画家のことをもう一度よく知ってから
読み直してみたい。
[PR]

# by andante41 | 2012-11-25 23:05 |
2012年 11月 13日

月と雷 ・・・ 角田光代


a0147978_1720790.jpg
風が強い。
例のごとく玄関先の
青汁トレーが吹っ飛んだ音がしたと思ったら、
次は雨と雷。


雷鳴を聴きながら
毛布にくるまって
「月と雷」を読み終えた。
[PR]

# by andante41 | 2012-11-13 00:00 |
2012年 10月 30日

ナミヤ雑貨店の奇蹟 ・・・ 東野圭吾



a0147978_22335739.jpg

スキマ時間。
習い事の迎えに早く着いたときなんか
車の中で本を読んでいたのだけれども、
最近は、あっという間に日が暮れるので
字が読めなくなった。

東野圭吾のファンタジー。
お話が全部リンクしていて
最後は、
そうだったんだ~と、
ほのぼのした気分。
[PR]

# by andante41 | 2012-10-30 00:00 |
2012年 10月 08日

異性 ・・・ 角田光代 ・ 穂村 弘


a0147978_22592274.jpg
コーヒーフィルターがなくなったので
お中元で頂いたネスカフェを飲んでいる。
牛乳はたっぷり入れて。

今読んでいるのは「異性」という本。
小説家の角田さん、歌人の穂村さん、
代わり番こで異性について、恋愛について
語っている。
へ~!! そうそう!! と共感できる部分もあるが、
私が思うのは圧倒的に
「そうだったのか!!」が多い。
[PR]

# by andante41 | 2012-10-08 22:30 |
2012年 09月 29日

輝く夜 ・・・ 百田尚樹



a0147978_11514170.jpg
クリスマスイブに起こる奇蹟5編。
どのお話も、幸せな読後感。

昨夜は旦那さんが出張だったので
珍しく布団の中で読書。
満月に近いお月さまが
雲間から見えそうで見えない夜でした。
[PR]

# by andante41 | 2012-09-29 11:48 |